テキスタイルメッセロゴ

無料見積りのご依頼、資料請求等は

電話番号 

窓回りの不具合直します


ブログ

俳句あれこれ 第五句

『雛壇に美しかりき夕陽かな』

 

星野 立子 (ほしの たつこ)

 

 

 

由緒あるお雛様が鎮座する雛壇に降り注ぐ柔らかな光が見えます。

1903年にうまれた

高浜虚子の娘さんです。

他に

 

 

雛飾りつゝふと命惜しきかな

 

 

の、句もあります。

1984年の今日

3月3日なくなりました。

 

 

いくつになっても

お雛様を出すときのウキウキする気持ちは変わりませんが

ふと命惜しきかな

の気持ちがわかる歳をはるかにすぎてしまいました。

今はお友達手作りの布のお雛様と

焼き物のお雛様を一年中飾って

ひな納はしていない、娘がいない気楽な私です。

 

 

奈須野 諒子


2020年3月3日 16:36


2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31